リノベーションの流れや期間の目安について解説!

公開日: 2023/08/15

リノベーションは建物の外壁を解体して構造そのものに手を加える大規模な工事であり、施工にはそれなりの期間を要します。特にリノベーション中は家の中に住めず、仮住まいが必要なので、施工期間を把握しておくことは計画をスムーズに進めるためにも重要です。ここではリノベーションにかかる期間の目安について解説していきます。

リノベーション完了までどれくらい時間がかかるのか

リノベーション完了までにかかる時間は工事規模や箇所にもよりますが、家の構造体だけを残して後は全て解体・再仕上げするフルリノベーションの場合は約半年間かかります。内訳としては工事前の準備期間に約2か月~3か月の期間を要し、工事は約2.5か月~3ヶ月かかるほか、これよりさらに長期化するケースもあります。

たとえば配管や躯体の状態は工事をはじめてみないことには把握できず、劣化がひどく進んでいれば追加工事による延長や、雨や台風といった天候などの理由による工事延長も考えられます。特に屋根や外壁は外の影響を受けやすく、梅雨のような雨の多い時期には、4か月以上かかることもあるため注意しましょう。ちなみに場所ごとにかかる時間を解説するとリビングで3~4週間、キッチンは約2週間、浴室や洗面所は約1週間、トイレは1~3日ほどで完了します。

なお工事前の準備期間には物件探しや現地調査、プランの提案といった流れがあるものの、事前にイメージを明確にしておけばそれだけ打ち合わせもスムーズに進むなど、リノベーション期間の短縮につながるため、知っておいて損はありません。

リノベーションにかかる費用の種類と相場

リノベーションの費用には工事費や職人さん達の人件費のほか、使用する設備・設備の費用にデザイン料などさまざまな費用がかかります。その総額は戸建ての場合、約750万円~1,000万円、マンションで約500万円~750万円が相場とされていますが、あくまでも目安程度に留めておくのが良いでしょう。というのもリノベーションは物件の大きさや築年数、工事状況によってバラツキが大きく、なかには同じ坪数でも設備や内装の違いから100万円単位で金額が異なるケースも多々あるためです。

なお費用には大きく影響するポイントとして敷地面積や施工地域のほか、壁や天井、床に貼るフローリング工事や扉、窓のほか、ユニットバスやシステムキッチンといった設備も予算を左右する重要な要素となっています。参考までに一軒家を丸々解体し、間取りの変更に加え外壁や床、キッチン、お風呂など建物のあらゆる個所に手を加えた場合、通常価格から約450万円も割増するケースもあるため、こだわりを詰め込めたい方は十分留意しておきましょう。

一方で既存の間取りや設備をそのまま使用すると費用の削減につながり、上記とは反対に間取りや設備もそのまま使用し、建具も既製品などメーカー製品を使用すればトータル100万円ほど価格を抑えられるケースも存在します。

このようにリノベーションは予算内でいかに希望に見合う設計ができるかという点も重要な要素であり、依頼前には実例などを参考に金額の目安だけでも知っておくと、後々資金計画を立てる際にも大いに役に立つでしょう。

リノベーションの流れ

リノベーションの流れは主に「1.プランを決める」「2.問い合わせ・ヒアリング」「3.プランの提案」「4.施工~引き渡し」の4ステップです。

まず「1.プランを決める」では具体的にどのようなリノベーションを実現したいのか、予算はどの程度にするかなど、要望を整理していきます。なお何からはじめて良いか分からない時には、実例を参考にしたり、相談会に参加したりすると、イメージを掴みやすくなるためおすすめします。

そしてイメージが固まれば「2.問い合わせ・ヒアリング」へと進み、希望に見合う物件を探し、気になるリノベーション業者に問い合わせて現地調査を依頼し、要望通りに施行が進むかどうか見てもらいます。物件によっては要望通りの施工が難しいケースもあるため、条件は1つに絞らず複数の代替案も用意すると、計画も進めやすくなるでしょう。ちなみに現地調査は、ほとんどの業者が無料で請け負ってくれるため安心です。

次の「3.プランの提案」では現地調査やヒアリングを元に見積もりや最適なプランを作成してくれるほか、業者によってはイメージしやすいようスケッチや3DCGを用いた資料も用意してくれます。ここで具体的な予算やレイアウトを決定していくため、後悔がないよう予算や希望条件は明確に伝えておくと良いでしょう。また、間取り図があればより詳細な情報を伝えられるようになるため、可能であれば用意しておくことをおすすめします。ほかにも資金面で借り入れが必要な場合には、この時点にローン申請をしておく必要もあります。

そしてプランに納得いけば最後の「4.施工~引き渡し」へと進み、いよいよ工事開始という流れです。ちなみに費用は1度に全額支払うわけではなく、着工前に半分、施工完了後に残りを支払うほか、3回に分けて支払う複数払いが一般的とされています。

まとめ

リノベーションは約半年間という長期間かかるケースが多いため、計画はできるだけ余裕を持っておくことをおすすめします。大半のリノベーション業者もスケジュールは立ててくれるものの、工事はスムーズに進むとも限らず、天候や予想外のアクシデントなどで遅延されるケースも珍しくありません。そのため、リノベーション業者を選ぶ際には、遅延した際の保証や、工事手順が厳格に管理されている業者など、実績あるところに依頼しておけば万が一の時にも安心です。

【エリア別】岐阜県のリフォーム業者

【岐阜】おすすめのリフォーム業者ランキングTOP7比較表

イメージ1
2
3
4
5
6
7
サービス名リラクスファイブセンスロビンウッディライフユーハウスリフォームNARAYA無垢ストーリー
特徴地域密着で100年以上続く老舗のリフォーム店!万全のフォロー体制で施工後も安心!心が動くリフォーム!施主が抱える問題、夢や理想などの本質を見極めたプランを提案!親身な対応で選ばれ続けるリフォーム店!プランの練り直しにも根気強く対応!築40年の家をフルリノベーションしたモデルハウス!高いおうち性能を体感!思わずドキッとするデザイン!愛着をそのままに、暮らしの質を高める工夫を実現!新築同様のリノベーション!不安な中古住宅を、安心・安全な住宅へグレードアップ!本社工場に家具工房を併設!手づくりの家具・建具で、おしゃれな空間を実現!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら