リフォームでありがちな失敗例と後悔しないためのポイントを解説!

公開日: 2023/09/15

リフォームには程度の差こそあれ、希望通りの仕上がりにならない失敗例も少なからず存在します。これからリフォームを検討中の方にとって最も避けたい事態なのはもちろん、失敗を防ぐためのポイントや対策が気になる方も多いことでしょう。そこで今回は、リフォームでありがちな失敗例やその対策の方法について解説していきます。

リフォームでよくある失敗例

リフォームでの失敗を防ぐためには、失敗例を事前に把握しておくことが一番の近道となります。そこでここでは、間取り別によくある失敗例を見ていきましょう。

リビングのリフォームでよくある失敗例

リビングでよくある失敗例としては「床材や壁材が合わない」「窓の大きさが合わない」といったケースです。リビングは室内の壁や床を目にする機会が多いためフローリングを変えたり、壁材を変えてイメージを一新させる方がいますが、フローリング材には床材に合わなかったり、変形しやすかったりなど、リフォームに適していないものもあります。特にカタログでの印象の良さだけで選んでしまうと、失敗につながりやすいため注意しておきましょう。

また、窓が大きすぎると室内に日差しが入りすぎて眩しく感じられたり、外から中が見えすぎて視線が気になったり、防犯上リスクが生じてしまったりといった問題につながる可能性もあります。ほかにもリビングに階段を設ける方もいますが、階段にはスペースを必要とし、場合によってはリビングが窮屈になることもあるため、この点も考慮しなければなりません。

トイレ・浴室でよくある失敗例

トイレのリフォームは便器を変えたり、床材を張り替えたりといったケースが多いですが、便器はトイレのスペースに見合った大きさでないとトイレが狭く感じられたり、床材も汚れが気にならない素材を選ばないと、汚れが気になるといった声が散見されています。

また、ドアを内開きに変更する方もいますが、この場合は開閉スペースを考慮しなければならず、適切なスペースがないと入る際にスリッパが引っかかってしまったり、トイレから出づらくなったりといった問題につながりかねません。

そして、浴室もトイレ同様、浴槽や床材・壁材などの素材選びの失敗が大半を占めています。たとえばカタログや展示室で見た浴槽が気に入り導入したものの、狭く感じたり使い勝手が悪く感じたりするケースが多く聞かれています。こうした失敗もデザインや見た目の良さだけを重視した場合に起こりがちなので、サイズ感や機能など、使い勝手にも着目しておきましょう。

キッチンのリフォームで起こりがちな失敗とは

キッチンで起こりがちな失敗例は作業スペースを広くしすぎたあまり、キッチン自体が狭くなってしまったり、生活動線が狭まって移動が困難になってしまったりといったケースです。キッチンは調理を快適に行えるようリフォームする方が多いものの、作業スペースを中心に考える傾向が強く、動線や間取りに関しては確認不足から使い勝手が悪化するケースが多くあります。

特にキッチンはシステムキッチンなどデザイン性に優れたものもあり、こうした最新設備を取り入れて気持ちよく調理したいという気持ちもありますが、調理場だけでなくスペース全体とのバランスを考慮しておく必要があるのです。

なぜ失敗してしまうの?その原因とは

ここまでリフォームの失敗例を見てきましたが、その原因は一体どこにあるのでしょうか?

まず上記失敗例に共通する点として、間取りやサイズの確認不足が挙げられます。たとえば実物の採寸や間取りを把握する前にカタログや写真の印象のみで決めてしまい、後で問題につながってしまうというケースです。

また、なかには低価格で済ませようという方もいますが、予算を抑えすぎると劣悪な素材や雑な工事など、必要な処置を施してもらえない可能性があるため、この点にも注意しなければなりません。

特にリフォームでは「施工会社のいう通りにしていれば安心だろう」と業者に任せきりにする方もいますが、いくらプロのリフォームとはいえ、具体的な要望がないとどのような施工をすれば良いか分からず、結局希望の仕上がりにならないといった事例もあります。

後悔しないためにできる対策・ポイント

リフォームにおける失敗を防ぐポイントは具体的なイメージを浮かべておき、それを施工会社にしっかりと伝えておくことです。つまり密接なコミュニケーションが必要不可欠というわけですが、口頭でのやり取りだけでは心もとないという方も多いことでしょう。そのため打ち合わせはやり取りをメモなど書面にも残しておけば、認識のズレも防げるほか、後々トラブルに陥った際にも大きな助けとなります。

何よりリフォームは施工規模に関わらず、金額や施工期間、保証については必ず書面に残すよう建設業法で義務付けられているため、口約束での契約をうたう施工会社であれば避けた方が賢明です。

そのほか、リフォームでは施工後にはじめて見つかる家の不具合によって追加工事が発生するケースも多々あります。そのため、打ち合わせの段階で追加工事の有無や、その費用なども併せて確認しておくと、後で不具合が見つかったとしても冷静に対処できるでしょう。

まとめ

リフォームとは実物を仕上がりまで目にすることができない形のない商品です。従って事前に具体的なプランや準備を進めておかないと、いざはじめてみてもイメージギャップや追加費用など、思わぬアクシデントに見舞われる恐れがあります。

ここで紹介した失敗例もその大半は準備や確認不足が原因で引き起こされているため、これからリフォームをはじめたいという方は予算や工期、実際の事例など、情報収集をしておき万全の対策を整えておきましょう。

【エリア別】岐阜県のリフォーム業者

【岐阜】おすすめのリフォーム業者ランキングTOP7比較表

イメージ1
2
3
4
5
6
7
サービス名リラクスファイブセンスロビンウッディライフユーハウスリフォームNARAYA無垢ストーリー
特徴地域密着で100年以上続く老舗のリフォーム店!万全のフォロー体制で施工後も安心!心が動くリフォーム!施主が抱える問題、夢や理想などの本質を見極めたプランを提案!親身な対応で選ばれ続けるリフォーム店!プランの練り直しにも根気強く対応!築40年の家をフルリノベーションしたモデルハウス!高いおうち性能を体感!思わずドキッとするデザイン!愛着をそのままに、暮らしの質を高める工夫を実現!新築同様のリノベーション!不安な中古住宅を、安心・安全な住宅へグレードアップ!本社工場に家具工房を併設!手づくりの家具・建具で、おしゃれな空間を実現!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら