リフォーム中の仮住まいはどうすればいい?選び方や注意点を解説!

公開日: 2023/10/15

リフォーム中によく挙がる問題が仮住まいです。特にリビングとキッチンの改修、間取り変更など、大規模なリフォームでは仮住まいは必須と言えます。ここではリフォームで仮住まいが必要になるケース、仮住まいとして利用できる物件の種類、仮住まい探しで注意したい点について解説していきます。

リフォームで仮住まいが必要になるケース

ここで言う仮住まいはリフォームが完了するまでの間、短期間居住する場所になります。リフォームで仮住まいが必要になるケースは、「新築そっくりに全面改装する」「キッチンやリビング、トイレなど、生活に必要なものを全て改修する」「和室と居間をくっつけて1つの部屋にするため壁を抜く」などの大規模なリフォームが必要な場合です。

対して「トイレの便器や壁紙を新しいものにする」「フローリングを張り替える」「キッチン機材を交換する」などといった単体、小規模なリフォームについては、1日から3日で完了するので仮住まいは不要と言えるでしょう。

仮住まいとして利用できる物件の種類

どのようなときに仮住まいが必要かと言う事がわかりましたが、実際にはどのような物件が仮住まいとして最適なのでしょうか。

まず、ウィークリーマンション、マンスリーマンションが挙げられます。これは、名前の通り週単位、月単位で部屋を借りるもので、長期出張をしたことのある方ならば御用達の方もいるでしょう。多くのウィークリーマンション、マンスリーマンションは家具、家電があらかじめ備わっているので、最低限の身の回りのものを用意して「スーツケースひとつで」使用できるのが魅力です。賃貸に比べると割高ではありますが、短い期間でも滞在でき、期間の融通も効きやすいのがメリットでしょう。デメリットはファミリー型のものが少なく、単身用に家族全員が生活することになる、ファミリーは賃借不可という可能性があることです。

ホテルや民宿も候補になるでしょう。これらは単純な宿泊施設としてだけでなく、食事、アイロン、クリーニングなどさまざまな付帯サービスが受けられるのがメリットです。デメリットは素泊まりや長期宿泊プランなどを利用すれば料金を下げられますが、賃貸などと比較すると宿泊料が非常に高額になることです。賃貸を借りることも選択肢になるでしょう。

賃貸は上記の宿泊の側面が強いウィークリーマンション、マンスリーマンション、ホテル、民宿と比較して月当たりの料金が安価なのが魅力です。反面、敷金、礼金、保証料などがかかる上、契約にも時間がかかります。また、確実な儲けが見込めないので短期で契約してくれる物件は少なく、ましてや「リフォームのため」と言う理由で賃借してくれる大家はあまりいないと考えた方が無難でしょう。数ヶ月借りるのであれば見つかる可能性はありますが、1ヶ月やそれ以下では望みは薄いと言えるでしょう。

UR賃貸住宅の物件を利用することも選択肢の1つです。UR賃貸住宅は、多くの方に物件を供給するため設立された機関で、家賃の安さと礼金が不要というメリットがあります。反面、このような物件は人気で数年待ち、入居は抽選ということも珍しくありません。リフォームのために活用するには、賃借人からすれば大きなメリットはありますが、運も絡んでくるのであまり有用な選択肢とは言えないでしょう。

仮住まい探しで注意したい点とは

仮住まい探しで注意したい点は何と言っても借りられる物件が自分の行動範囲にあるかどうかです。根本的に上記のような施設は都市部に多い傾向があります。田舎の方は賃貸を探すにも一苦労ですし、賃貸を借りるには多くのハードルを超える必要があります。

また、ウィークリーマンション、マンスリーマンション、ホテル、民宿は田舎にはそもそも存在しない可能性も十分に考えられます。このようなことから、リフォームする場合には、まず仮住まいの確実な目星を立ててから実行するのが無難と言えます。物件が見つからない場合は、親族、友人などを頼るほかなく、ファミリーではさらに状況は厳しくなるでしょう。

また、工事は延滞がつきものです。理由の如何に関わらず、工事が延滞した場合については仮住まいの滞在期間が伸びます。費用の面もそうですが、根本的に延長してもらえるのかも交渉する必要があります。

なかには月の中日に退去する場合は、月末までの料金を請求される場合もあります。工事業者と延滞した場合の費用負担などは事前に話し合い、不測の事態に備えて綿密に連絡は取っておくのが無難です。賃貸の場合は光熱費の契約も必要ですので、この対応も問題になります。仮住まい期間は光熱費が高額になるので、大きな負担となります。この費用は事前に用意しておく必要があります。

まとめ

リフォームで仮住まいが必要になるケース、仮住まいとして利用できる物件の種類、仮住まい探しで注意したい点について解説してきました。リフォームはさまざまなことを考慮して動く必要があります。なんとなく動いていたら「思わぬ出費があった」「仮住まい先が確保できない」などの問題が出てくるでしょう。上記を参考にリフォーム時の仮住まいを検討する際は、事前に綿密な調査と計画の立案をするようにしましょう。

【エリア別】岐阜県のリフォーム業者

【岐阜】おすすめのリフォーム業者ランキングTOP7比較表

イメージ1
2
3
4
5
6
7
サービス名リラクスファイブセンスロビンウッディライフユーハウスリフォームNARAYA無垢ストーリー
特徴地域密着で100年以上続く老舗のリフォーム店!万全のフォロー体制で施工後も安心!心が動くリフォーム!施主が抱える問題、夢や理想などの本質を見極めたプランを提案!親身な対応で選ばれ続けるリフォーム店!プランの練り直しにも根気強く対応!築40年の家をフルリノベーションしたモデルハウス!高いおうち性能を体感!思わずドキッとするデザイン!愛着をそのままに、暮らしの質を高める工夫を実現!新築同様のリノベーション!不安な中古住宅を、安心・安全な住宅へグレードアップ!本社工場に家具工房を併設!手づくりの家具・建具で、おしゃれな空間を実現!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら